『コートヤード・バイ・マリオット 白馬』宿泊記

コードバイマリオット白馬宿泊記

2019年3月にコートヤード・バイ・マリオット 白馬に泊まってきました。

昨年12月にコートヤード・バイ・マリオットとしてリブランドしたばかりなので

まだネット情報が少なく、皆様が気になる上級会員向けのサービス、アップグレードなどを確認してきました。

目次
1.立地
2.ホテル情報
3.会員サービス
4.アップグレード
5.アーリーチェックイン
6.朝食
7.夕食
8.総評

1.立地

コートヤード・バイ・マリオット 白馬は最寄り駅が無いというかすごく立地が公共交通機関向けじゃない立地です
現実的にはバスが一番良いのではないでしょうか?

私は往復タクシーを使いました

東京からもしくは大阪から高速バスで白馬に向かう方は

白馬バスターミナルからタクシーでいけます

私はタクシー1000円いかないくらいでした

歩くと30分くらいです。



2.ホテル情報

部屋タイプは下記の通りです

客室タイプ       定員   面積       室数
温泉付 プレミアルーム  2~4名  33.7㎡~35㎡   27〇泊まった部屋
和洋室デラックス    4~5名  42.6㎡      14
デラックスルーム     2名   41.6㎡       1
和洋室スーペリア    3~4名  32.4㎡      28
スーペリアルーム    2名    32.4㎡      2

チェックイン 15:00/チェックアウト 11:00

客室数はそんなに多くなく、階数も三階建てとそんなに大きくないです
館内施設としては
レストラン(1個)、大浴場、会議室、フィットネスジム
といった感じです。



3.会員サービス

写真がチェックイン時にもらったサービス内容です。


一応プラチナと、チタンと別れていますが
ここではサービス同じですね
ゴールド以下、アンバサダーは書いてないので
紙は別なのか、はたまた口頭なのでしょうか
ちなみに、白馬マリオットはラウンジはありません
ラウンジ代わりのレストランでの飲食サービスもありません



4.アップグレード

結論から言うと和洋室スーペリアから温泉付プレミアルームにアップグレードされました。
軽井沢に引き続き温泉付のお部屋にアップグレードされましたが、部屋数的に必然といった感じでしょうか・・
広さ的には恩恵がない(改装フロアが温泉付きになったと思われる)
なので広さは和洋室スーペリアと同じなのです
家族は温泉が部屋になくても和洋室デラックスのほうがいいでしょうね



5.アーリーチェックイン

今回はバスの都合上朝の7時についてしまったのですが、土曜にもかかわらず
快くチェックイン、お部屋を使わさせていただきました。
温泉付きなのでチェックイン前からくつろげました。
スキーに行く際に着替えるのも自室で着替えたほうが楽なので
ありがたかったです。
これはグレードアップよりプラチナ様様でしたね。
ちなみにアウトは11時ですが、レイトチェックアウトの権利は帰りの時間の関係で
12時までしか使わずそれでも29時間滞在となりました。



6.朝食

Dining &Bar LAVAROCK ダイニング &バー ラヴァロックでいただきました。
素泊まり予約でもプラチナ会員は2名まで朝食付きです。
ちなみにプラチナ会員以外と三名目からは3240円/人です
今回は一泊ですが早く着いたので2回朝食頂きましたが
バイキングで飽きることなく2日ともおいしく頂きました。
これと言ってすごく目を見張るものがあるわけではないですが
安定的というか全部おいしく頂きました。

7.夕食

夜ご飯もDining &Bar LAVAROCK ダイニング &バー ラヴァロックでいただきました。

夕食付の方も多いみたいで
コース料理を食べてる人も多かったです。
私は素泊まりなので、アラカルトをいただきました。
プラチナ会員なので飲食は20パーセントオフです
地産地消にこだわったメニューが多かったです




8.総評

立地の悪さを料金でカバーしてる感じですね
一人2万を超えるとないなって感じですね
送迎もスキー場までは公共の乗り合いバス、
駅やバスターミナルからも立地が悪いので
公共交通機関の人は良く調べてきたほうがいいですね
車の方は全然不便ないかと
あと、スキーに行く送迎も公共の無料バスなのはいいのですが
一時間に一本くらいしかないので
不便ですね、、
結局タクシー三回も使いました(笑)
お部屋は改装したばかりなので綺麗で清潔ですし
全体的には満足度はあります
また機会があれば泊まりたいです



あと、近くに有名なハンバーガー屋さんがあるのですが美味しいです