モルディブ10日間の旅2019年⑨セントレジス・モルディブ・ヴォンムリリゾート宿泊記【部屋編】(The St. Regis Maldives Vommuli Resort)

モルディブ10日間の旅2019年⑨セントレジス・モルディブ・ヴォンムリリゾート宿泊記【部屋編】(The St. Regis Maldives Vommuli Resort)

ついに到着しました
飛行機を三回乗って、ホテルに一回泊まって
遠路はるばる到着です。

セントレジス・モルディブ・ヴォンムリリゾート

Vommuli Island Dhaalu Atoll, 13080 モルディブ

+960 676-6333

HP

セントレジスモルディブは水上飛行機にからホテルの桟橋に直接降りれます。
たまに、ボートにいったん乗らないといけないリゾートもあるので、
良いポイントです。

従業員がいっぱい並んで総出?で歓迎されます。

水上飛行機に乗る前にビデオメッセージで挨拶のあったバドラーの日本人女性から歓迎を受けます。

ヤシの実です。ちなみにココナッツウォーター嫌いです(笑)

ここでのんびりしてもってことでカートですぐ移動です

支配人の挨拶をもらって、早速カートで移動です。

移動かてら、共有部等の説明があります。

 

このリゾートは本当に小さい島なので、そんなに時間がかかりません。

共有部の説明は別記事で改めて伝えます。

今回はお部屋に関してお伝えします。

セントレジスモルディブは以下のお部屋があります。

〇地上ヴィラ
ガーデン1ベッドルームヴィラ

ビーチ1ベッドルームヴィラ

オーシャン2ベッドルームヴィラ

3ベッドルームヴィラ

〇水上ヴィラ
水上1ベッドルームヴィラ
サンセット水上1ベッドルームヴィラ

セントレジス オーバーウォーター1ベッドルームスイート

サンセット水上2ベッドルームヴィラ

ジョンジェイコブ・アスターエステート3ベッドルームヴィラ

基本的に地上か水上です。
全ての部屋にプールがあります。
全ての部屋がスィートタイプです。

地上か水上か悩んでる方は一生の思い出、一度も水上コテージに泊まったことがない方は水上で良いかと。
利便性は断然地上です。
水上コテージは遠いです・・
どこに行くにも遠い・・
チャリ必須です。
セントレジスモルディブはカートは貸してくれません
※ジョンジェイコブ・アスターエステートだけ専用カートがあります。
基本チャリ移動なので、地上だと、歩いてどこでも行けるので、
地上は便利です。

ちなみに価格差は誤差の範囲内なので、好みで選んでいただければと

私が泊まったのはサンセット水上1ベッドルームヴィラです。

今回は5泊して、宿泊代は全てポイントで泊まりましたが、
マリオットボンヴォイサイトからポイント予約で4泊とると、1泊無料でついてくるんです!

1泊目
無料宿泊
2泊目
85,000 ポイント
3泊目
85,000 ポイント
4泊目
85,000 ポイント
5泊目
85,000 ポイント
合計ポイント340,000 ポイント
運賃/送迎料金1,490.00
税金および手数料見積もり60.00
ご滞在日数合計1,550.00 USD + 340,000 ポイント
が予約時点の請求でした。

一応参考までに、そのタイミングで、ポイント使わず宿泊するといくらか見たら、
1 客室: 5 泊
料金表示: USD
1泊目
1,372.00
2泊目
1,372.00
3泊目
1,372.00
4泊目
1,372.00
5泊目
1,372.00
現金料金合計6,860.00
運賃/送迎料金1,490.00
サービス料686.00
税金および手数料見積もり965.52
ご滞在日数合計10,001.52 USD
と100万円でした、、
ポイント使わないと現実的じゃないですね、、
HISで同時期に取ると航空券とホテルでエコノミーで一人50万だったので完全に
一生に一度の新婚旅行価格ですね、、

ちなみにセントレジスモルディブはカテゴリー8なので、ポイントは三段階です。
上記は私が調べたタイミング、日程なので、日によって違うのでご了承ください。

ちなみにセントレジスモルディブは85,000ポイントで泊まれる部屋はガーデン1ベッドルームヴィラになります。

私はある理由で事前に水上1ベッドルームヴィラを確約してもらっており、

それがグレードアップでサンセット水上1ベッドルームヴィラにしてもらえました。

ちなみにこの二つの違いは風景だけです。

朝日より夕日が価値があるってことですね

さて、話がそれましたがお部屋です。

泊まったお部屋は182㎡もあり、広々としています。

サイトから切り取った見取り図です。

ウォークインクローゼット、水回り、ベッドソファとエリアごとに分かれており、

特にウォークインクローゼットエリアにはどこからも行けるように考えられており便利でした。

 

自慢の?プールはまあ、泳げるし、あったらいいなですけど、

結局あんまり使いませんでした。

マイプールあるあるですね。

水上コテージの醍醐味?の直接海に入れる階段はこのようにしっかりとあります。

ただし、ここから直接泳ぐって隣は水上コテージだしねえ?

泳がないよね?

普通ビーチから行くよね?

って感じです。

水上コテージに憧れる人々は一考したほうが良いかもしれません

プール周りです

お風呂&シンクです。

安定のダブルシンクです。

あとは、売店がないので、スナックと飲み物は充実です。

Wみたいにドリンクの飲み放題とかないので、無料のミネラルウォーター以外は有料です

価格表です。

ペプシ350ミリが10ドル約1200円です。

そうです、モルディブで有料のミニバーをケチるとか考える人は行ってはいけないのです。

↑この水が無料です(エビアンは有料)毎日きっちり補充してくれます(いえば何本でももらえます)。

 

コーヒー紅茶も飲み放題?です。

あとはウエルカムドリンクにウエルカムシャンパンとフルーツがサービスなのか

みんなに配ってるのかわからないサービスもありました。

ウエルカムスィーツもありました。これはプラチナだから?書いてありますね

もしかして、ゴールドにはゴールドって書いて同じものなのかも?

このお菓子は常設?なのか無料と言ってました。

最初に何が無料で何が無料かしっかりと聞いておいた方が良いです。

書ききれないし、写真全部出せないですが、こんな感じです。

個別に聞きたい方は質問してください~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA