星のや②

星のや軽井沢②星のや軽井沢②
星のや軽井沢のお部屋はテレビがありません
時計もありません
これは時間にとらわれなくことなく
快適に過ごしてほしいからとあります
が、思ったのは
人間は一つの指針として
時間を使います
たとえば、予約してある食事に行くのも
マッサージを呼ぶのも時間で呼びます、、

たとえば夕暮れ時に夕食を予約~
とかしませんよね、、、
ということで
これは星のやの自己満足の押し付けじゃないでしょうか?

別に腕時計も携帯もあるのでいいのですが
部屋に時計を置かないのは押しつけを感じます

嫌な人は泊まらなければいいとう意見もありますが、、さてお部屋ですが、基本的には普通の旅館と一緒です
詳しくはHPを見ていただければと、、
ただ、多くの人が書いてあるように
お部屋のカーテンをあけると対岸の部屋もしくはレストランからの人の目が気になるんですよね、、

カーテンは空けれなかったです
基本的には落ち着いてシックなお部屋なので好きなインテリアです
早速大浴場に出かけようとお宿の浴衣に着替えます
星のや軽井沢は基本的にはすべて離れなので
どこか行くには必ず外に出ないといけません
例えば、大浴場、レストラン等
なので、寒いです(12月)
浴衣とは別に和風のダウンジャケット風のはんてんがありました
これは暖かくてありがたかったです
軽井沢は寒いので、、
大浴場は比較的近いお部屋だったので1分弱でした
遠い人は5分くらい歩きます

送迎もしてくれるみたいですが
ガソリンの車呼ぶのもね

星のや軽井沢の大浴場は1か所で
日帰りは不可です
星のや軽井沢とは離れていますが

車で少し行ったところに
日帰り専用のとんぼの湯っていうのがありますが
無料で行けるみたいでしたが行きませんでした(めんどい)
星のや軽井沢の大浴場は光の回廊と闇の回廊と名付けられた2つの部屋に分かれていて、
光は普通の大浴場と思えば良くて
闇は洞窟風呂です
これは行った人しかわからない
面白い経験でした
泉質は炭酸水素塩泉で
塩気は少なかったですが
とろみがあっていいお湯でした。
ちなみに効能は下記のとおりです適応症 神経痛/筋肉痛/関節痛/五十肩/運動麻痺/関節のこわばり/うちみ/くじき/慢性消化器病/痔疾/冷え性/病後回復期/疲労回復/健康増進/きりきず/やけど/慢性皮膚病/虚弱児童/慢性婦人病

私はちなみに温泉はアルカリ性のとろとろ系がすきです

ただたまに、無性に硫黄泉に入りたくなります笑
塩水かっていうくらい塩辛い温泉は嫌いです・・

 

さて、次は星のやの夕食に関して書いていきたいと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA